出産ストーリー

出産にはその人その人のストーリーがあります。
私は二人、女の子を産みました。

 

上の子の時は、周りのママたちから

 

「時が満ちたら、ちゅるんって生まれてきてね。」
「何月何日何曜日に生まれてきてね。」
「パパがいるときに生まれてきてね。」

 

など話しかけていたら本当にその通りになると言われ、
出産の時期が近づくとこの三つを毎日語りかけていました。

 

そうしたら本当に、パパの立会いの下ちゅるんっと気持ちよく生まれてきました。
日にちの指定は無理でしたが。。。

 

それでも本当にちゅるんっと気持ちよく出てきて
産んですぐに「楽しい~!また産みたい!」と思ったほどです。

 

そして下の子の時は、「神様がもういいよーって言ったら生まれておいで。」と語りかけるといいと教わり、
そればかりを繰り返しました。

 

そうしたら本当に、ちょうどパパが出張でいないときに
すごい力で出てきました。赤ちゃんの意思を強く感じるような、すごい勢いで飛び出してきました。

 

お腹にいるときから、自由奔放な子であってほしいと願ってきたので、
生まれてくるときも、そして今も、自由奔放で手を焼いています。。。

 

この自由さを大きくなっても失わずにいてほしいと思います。